テストパネル

「石油類」半世紀の確かな実績と信頼性。日本テストパネルの標準試験板。

※各テストパネル(テストピース・試験片)は欠品の場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

JISK2510 潤滑油さび止め性能試験方法 4.(1) 試験片(NTP 略称ロケット)
JISK2510 潤滑油さび止め性能試験方法 4.(1) 試験片(NTP 略称ロケット)

JISK2510 潤滑油さび止め性能試験方法 4.(1) 試験片(NTP 略称ロケット) ASTM D 665 I.P.135参照

JISK2510 潤滑油さび止め性能試験方法 4.(1) 試験片(NTP 略称ロケット) ASTM D 665 I.P.135参照
目的 潤滑油が水又は海水と混合した場合、潤滑油の鉄鋼部分に対するさび止め性能を判定する。
材質 SGD 3M
サイズ φ13±0.2, 全長81±0.5先端を60°にまるめる。
測定 蒸留水を潤滑油の1/10入れて試験するか、又は規格に定めた人工海水を潤滑油の1/10入れて試験し、試験終了後さび発生の有無を約650lxの明るさで肉眼で観察判定する。
JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.3.3. 触媒
JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.3.3. 触媒

JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.3.3. 触媒 ASTMD2272参照

JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.3.3. 触媒 ASTMD2272参照
目的 タービン油酸化安定度評価の促進試験方法。
材質 JUSC3102電気用軟銅線
サイズ φ1.6×約3,000
使用方法 試料と水と触媒を巻いたコイルを同封したボンベに規定圧力に酸素を注入し、150℃の恒温槽中で30°の角度で100r.p.m.で回転させ、酸素の圧力降下の時間により酸化安定度を評価する。
JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.2.3.(1) 触媒
JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.2.3.(1) 触媒

JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.2.3.(1) 触媒 ASTM D 943,I.P.157 参照 JISK2s242類似

JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.2.3.(1) 触媒 ASTM D 943,I.P.157 参照 JISK2s242類似
目的 添加タービン油を触媒と水と熱及び酸素により強制的に酸化させてその劣化度合を調べる時の酸化触媒
材質 鋼線(SAE1008相当品)
電気用軟銅線(JISC3102)
サイズ 鋼線銅線共φ1.6×3,000±10
使用法 触媒巻銅線に両方同時にまいて酸化器に挿入し、試験油の中で一定時間一定温度で酸素を吹込み酸化させて、試験油の全酸価を測定する。
包装 鋼線約5kg(約300m)
軟銅線(ご注文に応じます)
JISK2398 自動車用ウィンドウオッシャ液 6.5 金属に対する腐食性等

JISK2398 自動車用ウィンドウオッシャ液 6.5 金属に対する腐食性等

JISK2398 自動車用ウィンドウオッシャ液 6.5 金属に対する腐食性等
目的 自動車用ウィンドウウォッシャ液の金属に対する腐食性を重量変化によって判定する。
材質 A2024P, C2801P, SGCC
サイズ 約1.0×90×13、一端から6の所にφ6〜7の孔1箇あけ図のように組み立てる。
測定 水で最小濃度に稀釈し組立試験片を浸せきし50±2℃で48時間処理した後目視による外観変化と各試験片の試験前後の重量変化を測定する。
その他 ゴム、被膜、プラスチックに対する試験後の外観変化、質量変化の測定。
JISK2399 自動車用くもり止め剤 6.1〜6.8 各種性状用試験片

JISK2399 自動車用くもり止め剤 6.1〜6.8 各種性状用試験片 P−G-406 JARP212参照

JISK2399 自動車用くもり止め剤 6.1〜6.8 各種性状用試験片 P−G-406 JARP212参照
目的 液状の自動車用くもり止め剤各種性状を試験する。
材質 普通板ガラス, A2024P, 亜鉛板, クロロプレン系ゴム, ABS板, アクリル板, アミノアルキド樹脂エナメル塗装板
サイズ ガラス…3.0×175×70
A2024P, SUS430…0.8×80×13
ゴム…2.0×50×25
プラスチック…2.0×50×25
塗装板…0.8×50×150
測定 各項目に従ってくもり止め性、明視性、金属の変色、重量変化、ゴム及びプラスチックの重量変化、硬さ変化、塗装の変化、軟化洗浄性等を判定する。
JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.1.3.(1) 触媒

JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.1.3.(1) 触媒

JISK2514 潤滑油酸化安定度試験方法 3.1.3.(1) 触媒
目的 潤滑油を鉄と銅の酸化触媒とワニス棒を使って165.5℃で24時間酸化させ、潤滑油の劣化傾向を粘度比及び全酸価の増加から判定する。
材質 SPCC, C1100P
サイズ SPCC…0.5×26×121.4
C1100P…0.5×26×60.4
両端に固定用小孔2コ
測定 試験前後の動粘度の測定値から粘度比を計算し、試験前後の全酸価の差を増加分とする。
JISK2503 航空潤滑油試験方法 3.6.3. 腐食酸化安定度試験片
JISK2503 航空潤滑油試験方法 3.6.3. 腐食酸化安定度試験片

JISK2503 航空潤滑油試験方法 3.6.3. 腐食酸化安定度試験片 F.T.M.S.791b,5308,MIL-L-780F,DSPK2220参照

JISK2503 航空潤滑油試験方法 3.6.3. 腐食酸化安定度試験片 F.T.M.S.791b,5308,MIL-L-780F,DSPK2220参照
目的 航空潤滑油が運転中に接触する各種金属にどの程度腐食をおこさせ又それによって油がどれだけ酸化するかを測定する。
材質 C1100P, SPCC, A2024P, MP1, MFCdⅢ(MIL, DSPでは電解銀)
サイズ 0.8×25.4×25.4両端にφ1.6の孔2コ
測定 試験片を麻糸で写真のように組み立て、油の中に入れて規定温度で規定時間空気を吹き込みつつ腐食酸化させ、試験前後の各試験片重量差, 腐食状況, 及び油の全酸価, 粘度変化を測定する。
JISK2246 さび止め油片 5.28 腐食試験片

JISK2246 さび止め油片 5.28 腐食試験片

JISK2246 さび止め油片 5.28 腐食試験片
目的 さび止め油が各種金属をどの程度腐食するか、又はさび止め油に被膜されたものがどの程度腐食にたえるかを測定する。
材質 SPCC-SB, C1100P, C3560P, A2024P, PbP, 亜鉛板1種, MP1, MBCrⅢ, MFCdⅣ
サイズ 1.0〜2.0×25×50 中心にφ6.5の孔
測定 さび止め油の中に規定温度で規定時間浸せきした後の質量変化及び外観から腐食性を調べる。
JISK2246 さび止め油 5.39. 気化性さび止め性試験片
JISK2246 さび止め油 5.39. 気化性さび止め性試験片

JISK2246 さび止め油 5.39. 気化性さび止め性試験片 F.T.M.S.101 B4031参照

JISK2246 さび止め油 5.39. 気化性さび止め性試験片 F.T.M.S.101 B4031参照
目的 気化性さび止め油の蒸気が多量の水蒸気中におけるさび発生防止能力を判定する。
材質 SGD 3M
サイズ φ16×長さ13の一端の中央部にφ9.5深さ9.5の穴をあけたもの。
測定 試験片の研磨部分に5倍以上の拡大鏡でみて錆のないこと。同時に行うブランク試験には錆が発生していること。
JISK2246 さび止め油 5.2.4 さび発生度測定板
JISK2246 さび止め油 5.2.4 さび発生度測定板

JISK2246 さび止め油 5.2.4 さび発生度測定板

JISK2246 さび止め油 5.2.4 さび発生度測定板
目的 さび発生度、潤滑、塩水噴霧試験等において、さびの発生した場所を測定するための測定板。
材質 無色透明の合成樹脂板
サイズ 60×80で中央に50×50の測定面積をとり、その部分に幅0.1の刻み線で1辺が0.5の正方形の碁盤目100個を刻んだもの。
測定 試験片に測定板を重ね、肉眼で1点以上のさびが発生している碁盤目の数を測定する。

各種塗料塗装の関連業務について 弊社では塗装材料全般とその関連業務を承っています。 詳細はこちらです。

  • 自動車塗装用の大型模擬パネル
  • ステンレス製(SUS)テストパネルの表面処理
  • ブラスト処理のご案内
  • あらゆる塗装に使えるJIS規格試験紙(貼着型シート)隠ぺいパッチ

各種塗料塗装の関連業務について

1)塗装用材料全般
1:塗装板各種 各種金属板:鉄・非鉄類全般の無処理・表面処理品
(リン酸亜鉛・リン酸鉄・サンドブラスト・ショットブラスト・グリットブラスト内製)
各種樹脂板:硬質・軟質等各種
各種木質板:単板・合板
各種コンクリート:無石綿板各種
2:塗料各種 自然乾燥型:水性・溶剤型塗料各種
焼付硬化型:水性・溶剤・粉体塗料各種
3:塗装各種 吹付塗装:エアー・エアーレス他各種
静電塗装:各種静電塗装
浸漬塗装:各種浸漬塗装
電着塗装:各種電着塗装
4:塗装板各種 塗装見本板各種・塗料試験用塗装板各種・色見本帳
5:塗料の調色 ご指示の色見本により調色致します。

※1社の発注で試験板から最終塗板まで、すべて製作が可能です。
※担当責任者は、元日本ペイント(株)塗料技術部長の門馬岩雄(電気機器・鋼製家具・土木建設機械・重車輛担当)が塗装板の製作にあたり、責任施工致します。また、表面処理は元日本ペイント(株)表面処理技術部長の松井逸史が表面処理の責任加工致します。
※弊社営業部長である戸田邦彦は塗料試験方法研究会西部会の幹事を平成22年より委嘱されています。

2)各種塗装板 作成例 (鋼板、非鉄金属類について)
1:自動車本体の塗装系

鋼板+金属表面処理+電着塗装+焼付+中塗塗装+焼付+上塗り+焼付+(3C3B)

その他

2:工業用製品の塗装系(鋼板、非鉄金属類について) ・冷凍機本体の塗装系
鋼板+金属表面処理+下塗塗装+焼付+上塗塗装+焼付(2C2B)
・鋼製家具の塗装系
鋼板+金属表面処理+上塗塗装+焼付
・農機具の塗装系
鋼板+金属表面処理+下塗塗装+焼付+上塗塗装+焼付
・ブルトーザーの塗装系
鋼板+ブラスト処理+下塗塗装+低温焼付+上塗塗装+焼付

※1、2の塗料については現在塗装されている塗料を使用して塗装板を作成します。

バリのない試験板でヒヤリ・ハットを最小限に。

当社ではテストパネル(試験板)のバリ取り加工をしております。バリ取り加工済みのテストパネル(試験板)では、手に取った時に起こるうる指先の切り傷発生を回避しやすくなっています。安心してお使いください。


テストパネル&テストピースの製造・販売 | 日本テストパネル株式会社

大阪府経営革新承認企業

【大阪本社】
〒535-0013 大阪市旭区森小路2−2−31
TEL.06-6953-1661(代表)
FAX.06-6955-1850(代表)
【兵庫工場(表面処理研究所)】
〜一般社団法人日本防錆技術協会より認定された工場として日本で唯一の存在〜
〒667-0321 兵庫県養父市大屋町蔵垣1353−1
TEL.079-669-1579
FAX.079-669-1674

集塵脱臭装置グローバルクリーン設置対応エリア

施設・工場付近の環境対策・保護に集塵脱臭装置グローバルクリーンの導入をお考えなら、北海道・青森・岩手・秋田・宮城・山形・札幌・福島・東京・神奈川・埼玉県・千葉・茨城・群馬・栃木・愛知・静岡・三重・岐阜・新潟・長野・山梨・石川・富山・福井・大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山・岡山・広島・鳥取・山口・島根・愛媛・徳島・高知・香川・福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄・札幌・横浜・金沢・名古屋・盛岡・仙台・水戸・宇都宮・さいたま・金沢・甲府・浜松・大津・津・神戸・高松・松山、那覇、全国どこからでもお問い合わせください。コストパフォーマンスに優れた排出ガスの清浄化処理に最適な集塵脱臭システムをご提案させていただきます。